こころの言の葉 おかざわゆめこの世界

おかざわゆめこさん というひと


太陽のような一枚の絵から、そのご縁は始まった。

 

おかざわゆめこさん。

 

ヒーリングアーティストでもあり、詩人でもある。そして、その時はすでにたくさんの人から 「ゆめこさん」と呼ばれ、請われ、全国でお話をする人であった。 

 

その言葉が触れ合う人の胸に宿り、光を灯す人であった。 

 

会えば底抜けに楽しく、周囲はいつも笑いに満ちていた。

 

優しく、周りへの気配りの深さに、いつも私は感嘆するばかりであった。

 

そして

 

目の前が何も見えなくなるような出来事が起きた時…。

 

ゆめこさんはご自身の深い深い体験と、そこからたどり着いた安らぎの中から、 

 

目の前の人に寄り添う言葉を、そっと、そこに置いてくれる、そんなひとだ。 

 

 

 

ゆめこさんのブログの言葉を作品にしたいと思ったのは、 いつの頃からだろう。 

 

あのはじまりの絵を手にしてからすでに、20年の月日が経っている。 

 

人間の存在を肯定し続けている言葉は、今のこの時、ますます必要な言の葉たちだと感じる。

 

彼女の言葉はきっと触れ合うあなたの人生を、そっと抱きしめてくれるに違いない。 

 

あの日の私がそうであったように。

 

おかざわゆめこ ゆめこのひとりごと  http://blog.yumekosan.com/

 

 

Hiro Kawagishiさん というひと


折々にHiro さんの音楽は聴いていた。 

Hiroさんの音を聴くたび、音の中に言葉が少ない人だと感じていた。 

そして、またいつか作品を創ることがあったら、 ご縁があるといいなあと思っていた。 

 

伝えたい言葉がたくさん入っている音もある。 

むしろ、音というものの中に注ぎ込みたい言葉があるのが、きっと普通なのだと思う。 

 

今回、13曲の楽曲を提供頂いた、そのやり取りの中でわかったことがある。 

Hiroさんの言葉は音を生み出したところで、祈りの中に手放され

そして、 透明な細胞膜のようなものだけ、Hiroさんの輪郭だけが残るのだ 

 

そして今度はその中に宇宙が流れ込んでくる。 

彼は宇宙だ。 

 

だから、音に朗読という言葉があれだけ乗っても、 

言葉が際立つ世界になるのだ。 

 

透明な音が 言葉に寄り添い 

波打ち そして 時に言葉を超える 。

 

彼のあり方そのものだと。

今、改めてそう感じている。

 

カワギシ ヒロHiro Kawagishi You Tube